1/8スケールフィギュア 超次元ゲイム ネプテューヌ「パープルハート」 レビュー

メーカー:ブロッコリー

価格:21,120円(税込)

発売時期:2018/06

原型制作:パイン・リー

ネプテューヌのセクシーフィギュア。

メカな触手がとてもいい。

どこから見てもセクシー。

三つ編みも太もももとてもきれい。

服が溶かされており、露出が大きくなっている。

やめて、と懇願するような顔が、嗜虐的な快楽をもたらす。

触手はいい出来をしている。

強いて言うことがあれば、大きく太めの触手を股間部近くに伸ばすべきだったと思う。

触手が女体に絡みつくだけではあまりに芸が足りない(18禁待ったなしなので、これはこれで健全だし素晴らしい)

このフィギュアの撮影には時間がかかった。

様々な角度から撮影しなければ、魅力は引き出せないと思ったからだ。

フィギュアは正面から上の角度で見るのがほとんどだ。

しかし、このフィギュアは手に取って下、横、後ろの角度で見てほしい。

より深く、エロス的な感性を刺激されるからだ。

触手、GJ。

官能的なインスピレーションをびびっと感じましたので、官能的なSSを書いてみました。

読まなくて大丈夫です!

(なんかコメントくださるとうれしいです)

以下、本文。


引き締まった筋肉と、柔らかそうな胸部と臀部を持つ美しい女神パープルハートに、つやつやてらてらした、生温かい棒状の何かに体中這いよられる。

パープルハートの肌は、おのれの汗と、這われた熱棒から放出された粘液によって、びっしょりと濡れていた。

「い、いや……! やめて頂戴……」

戦いに敗北した女神に戦う意思は無い。

触手様に、瞳をうるませながら懇願する。

しかし、触手は、微塵の情けも見せなかった。

熱くとろみのあるしたたりによって女神のボディスーツを徐々に溶かす。

「こ、こんなこと……変態!」

おへそや脇があらわになり、だんだん生まれたままの姿にされていく。

なんとか抵抗するが、肋骨回りと両腕両足が細い触手によって強く締め付けられ、女神は身動き一つ取れない。

「くぅ! く、くるしい……やぁん!」

信じがたいことに、パープルハートは頬を赤らめ、喘ぎ声を上げた。

耐え難い苦しみというのは、快楽をもたらすことがある。

この喘ぎ声は、パープルハートが快楽を得た証明そのものだった。

「だめ! こんなの、壊れちゃう! だめぇええー!」

パープルハートのデルタゾーンは、温かい清水にあふれた女神の泉と化す。

触手地獄は、まだ始まったばかりであった――

(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA